海外口座開設のメリットと注意点

手元にある資産を膨らます方法の一つとして、海外に銀行口座を開設するという方法もポピュラーなものとなってきました。日本ではなく海外の銀行口座を持つことで、どのようなねらいやメリットがあるのでしょうか。海外口座開設のメリットや注意点などを見ていきましょう。

海外口座開設のメリット

web技術の普及に伴い、誰でも簡単にグローバルな活動ができるようになりました。海外への留学や赴任はもちろん、不動産の購入などを行う人も少なくはありません。それに伴って海外に銀行口座を開設しようと考える人も増えており、海外口座開設に注目されることが増えてきました。海外口座開設はただ海外での活動に役立つだけではなく、日本にいながら資産を膨らます方法の一つとしても数えられています。

日本経済は少子高齢化に伴って、先行きが不安定な状態と言わざるを得ません。超低金利状態も長く続いているため、海外の銀行口座を開設することによって、金利によるメリットを得ることができるのです。また、資産の分散投資になる他、海外の投資商品などを購入し、有利な取引を行うチャンスも得られます。国内銀行が仮に破綻した場合を考えると、海外口座に預金があった方が資産の一部が安全に守られることになる点は魅力的と言えるでしょう。

海外口座のやり方

海外口座を開設する場合には、日本で口座を開設する場合とは違って様々な工程を必要とします。最もシンプルな方法は、海外現地で開設手続きをすること。すでに海外に居住している人や居住予定のある人は、現地銀行の支店で口座開設をするのが確実です。日本には海外口座をサポートするツアーや業者が提供されていることもありますが、こちらを利用する場合は一定の費用や手数料がかかるため注意しておきましょう。

また、海外銀行が日本国内に支店を持っている場合は、国内で銀行口座の開設が完了します。ただし日本に支店を持っている海外銀行はほんのわずかであり、仮に口座を開設したとしても日本用のものとなるため、海外では使えないこともあります。もう一つ、海外銀行とパートナーシップを持つ日本銀行から口座開設をする方法もあり、アメリカやタイなどであれば、現地の口座開設手続きを取り次いでくれるサービスもあるため検討してみましょう。

口座開設の前の注意点

海外口座開設には様々なメリットがありますが、開設前には注意点も確認しておきましょう。まず海外銀行の口座を開設すること自体が難しいことであり、年々ハードルが高くなっています。海外に行く機会があっても、居住者でないと開設を断られるケースも少なくありません。

また、海外口座の開設には語学力も要されることがあるため、自分一人で開設手続きをしようと考えている場合は注意しましょう。海外口座の開設には様々な困難が伴います。メリットも多数ありますが、まずは本当に海外口座が必要かをメリットと照らし合わせて考えてから、判断することが大切です。

未分類

Posted by ベニマル